目尻のしわをスッキリさせよう!

どうすれば目尻のシワを防ぐことができるのか

人の第一印象でもっとも気にする部分といえば、目があります。その人の印象を大きく左右するほど、目というのは大きなポイントになります。また、目の周りや目尻もとても目立つところで、この部分にシワやたるみ、クマがあると老けて見えてしまうほどの強い印象を相手に与えてしまいます。逆に目の周りや目尻が若々しいと全体の印象まで若く見えたりします。それほど、目元は重要なのです。

しかし、現代人は目をパソコンや携帯電話で酷使さたり、寝不足などによってたるみがち。目に疲労感が出ている人も多く、老けて見える人も多くなっています。また、年齢を重ねることによっても目の周りの筋肉が衰えていって老けて見えやすくなるのです。特に鏡をまじまじと見たとき、え!こんな風にみえてるの?と
鏡に映った自分にショックをうけたりします。
詳しくは【シミシワの対策】30代におすすめ洗顔石鹸人気ランキング を参照してみてください。
石鹸の記事ですが目じりのしわに参考になる記事です!

では、どうすれば目尻のシワを防ぐことができるのか。簡単にできる、若々しい目元をいつまでも保つ方法を紹介していきます。

 

■パソコンや携帯電話を長時間使用しない

 

現代人の多くが長時間、パソコンや携帯電話を利用することが多くなっています。職場で利用する人も多くなっているのでそういった人は筋肉が疲労しやすくなって目元の老化がどんどん進みます。一連続の作業が1時間を超えるとその兆候はさらに大きくなります。これを防ぐには、1時間作業したら10分から15分目を閉じたり窓の外の遠くの自然の緑を見て目を休ませることが大切です。
それが難しい場合でも、パソコン業務から一時離れてほかの作業をして、またパソコン業務に戻るなどの工夫でも目に疲労を溜めない対策としては有効です。

また、
パソコンや携帯電話の場合は文字が小さいので、
知らず知らず眉間にシワを寄せて見る人もいます



するとシワが習慣化して、目尻のシワにつながります。



なるべく文字を大きくするように設定するなどの工夫も目尻のシワを作らないポイントです。

参考:OL注意! PCで視力だけでなくシワなどの目元の老化が進む! 

 

 

■目が痒くてもこすらない、メイクでも必要以上にいじらない

 

目の周りの皮膚は体の皮膚の中でも最も薄い部分の一つです。ここを擦りすぎるとあっという間にシワができてしまいます。花粉症であれば辛いでしょうが、絶対に擦らないようにすることが大切です。また、目尻のシワ対策のためだからと、必要以上に目元に触れるのもよくありません。自分で目尻にシワを作っているようなものです。なるべく、目元ケアにはコットンなどを利用してじかに触れる機会を少なくしましょう。

 

■笑い方でも目尻のシワ対策になります








笑い方で目尻にシワが出来やすくなることもあります。目尻にシワができやすい笑い方は口を横に伸ばすようにする笑い方です。思い切って笑うことは精神的には良いものの、頬を真上に上げるようなイメージで笑うようにすることで目尻にシワを作らない予防になります。

笑いじわができない笑い方になるためのたった1つのこと
URL:http://simisiwa35.seesaa.net/article/384817949.html

 

 

このように、目尻にシワをつくらないようにする方法は、日頃のちょっとした生活の中の習慣の中に隠れています。上記の方法はほんの一例です。日頃のスキンケアももちろん大切です。
ぜひ、できることからはじめていつまでも若々しい目元をキープしましょう